貧乏ゆすり

人前で貧乏ゆすりはしないほうがいいかも

「貧乏ゆすり」についてはさまざまな説があります。健康にいいという話もあり、またダイエットに効果的だという話もあります。

 

特に信憑性が高いのは「心を安定させるための行為」でしょうか。足に溜まった疲れを取る、なにもしていないという心理的不安を解消する、そのような時に貧乏ゆすりをして心を安定させようとしているのだそうです。

 

こうして見てみると、どの説をとっても貧乏ゆすりは体に悪いことではないように思えます。

 

中には「血行をよくしてくれる」という説も存在し、最近は貧乏ゆすりに対する考え方が変わってきています。

 

しかしながら考え方は変わっても、見方が変わるわけではありません。

 

「見ていて不快な気分になる」

 

「食事中にゲップやオナラをされるのと同じ感覚」

 

「見ているとこちらもイライラしてくる」

 

「マナー違反である」

 

貧乏ゆすりをするのは1人だけの時にし、周りに誰かがいる時や外にいる時はできるだけ控えるようにした方がいいでしょう。

 

しかし無意識のうちやってしまっている可能性もありますので、その場合は「意識してやめるようにする」のが一番効果的です。

 

ちなみに貧乏ゆすりをするのは脳の構造上、男性だと言われています。