環境によって視力が変わる

視力は場合によっては変化する

視力はいつでも同じというわけではありません。天候、時間、体調、これらによって視力は変わります。

 

雨の日は全体的に視界がぼやけて見えたり、夕方になってくると目が見えにくくなってきたりしたことはありませんか?

 

これは病気でもなんでもなく、人間である以上は仕方のないことです。

 

天候がいい晴れの日は視力がよくなり、天候が悪い曇りや雨の日は視力が悪くなるのは有名な話ですね。それから朝と夜でもかなり違ってきます。

 

もし正しい視力を測りたいのであれば“晴れている日”の“朝”がいいでしょう。そしてしっかりと体調にも気を使ってあげて下さい。

 

個体差こそありますが、体調により視力はかなり左右されます。「体調の悪さがすぐ視力に出る」という人もいるほどで、なんと日を改めたことで視力に0.3もの差が出たそうです。

 

0.3の差というのはかなり大きいでしょう。時間に余裕があるなら何度か測ってみることをオススメします。

 

視力は意外と奥が深いもの。目はとても大事ですからきちんと正しい視力を知っておくようにしたいですね。

 

眼鏡やコンタクトを作る場合、視力が間違っていると合わなくなってしまいます。合わない眼鏡やコンタクトは目を悪くさせるので注意が必要です。